マルバ
住 所 千葉県浦安市猫実3−28−28
電話番号 047−382−8080
行 き 方 地下鉄東西線「浦安」駅下車徒歩8分
系 統 博多ラーメン
営業時間 19:00〜翌2:00
休   日 月曜、スープの出来の悪い日(結構多いみたいです)
席   数
駐 車 場 無し
メニュー ぶっちぎりラーメン680円
コ メ ン ト 博多系にしてはトンコツに鶏などをブレンドしてこちらの人
にも受け入れやすい味に仕上げられています。


行く度にに振られるマルバが今年になってほとんど無休で
営業し、尚且つラーメンが劇的進化をしていた。
 
デフォルトを注文し、丼からは葫とと豚骨の食欲を刺激する
香ばしさはいつものパターン。だが一口すすると濃度の高
い膨らみのある豚骨スープが口一杯に広がり、やさしいの
だが舌に纏わり付く感じでドスンと響いてくる。飲み込む寸
前、今度は清涼水のような透き通った魚の旨みが喉を通し
てシャープに染みてくる。鶏を使わぬ豚骨のみのスープで
は、コクは強いのだが複雑な旨みに欠け硬いスープになり
がちだが、それを魚介の旨みがしなやかにサポートしコク
から魚介の旨みまで一直線上に繋がっていて高次元でバ
ランスしている。ともすれば白濁スープにありがちな雑味、
エグ味といったネガティブな部分もまったくなく上品でクリア
な味わい。味付けもしっかりとしているのだが決して鋭角で
はなく、塩と薄口醤油が見事に融合し、ほのかな甘みもそ
れを担い、繊細ささえも教えてくれる。やや舌に残る化調は
少し気になるが、千葉県という場所柄やむを得ないのだろ
うし、うまく微量に抑えてある。
 
麺は豚骨スープに常識的なストレート細麺ではなく、ややよ
りがかかり一層このスープを持ち上げる。あまり存在感は
ないのだが、硬めにオーダーすると芯の通ったコシのある
麺が食べられる。加水率の高い細麺は魚介に合うと思うの
だが、いかがなものでしょう?
 
トッピングのチャーシューはバラロールタイプでガンコ系の
味付け。乾燥を戻した細木耳はコリコリとした食感。万能
ネギの緑が純白のスープに美しいコントラストを描いてい
る。このようなラーメンを食したことは記憶になく多分初体
験であり、確実に進歩が見受けられる。豚骨魚介系と言っ
ても過言ではなく、マルバのオリジナルは私に衝撃を与え
てくれた。
                    ぶっちぎりラーメン¥680
(R.J記)

トップへ
トップへ
戻る
戻る
File not found.