所沢飛行場のあゆみ

明治時代


西暦 和歴 出 来 事
1877 明治10年

西南役のため気球製作

523日 陸軍、海軍及び技術団体共同による気球の試作と実験が開始される

1878 明治11年 611日 明治天皇気球昇騰天覧  於:陸軍士官学校(市ヶ谷)開校記念式
1881 明治14年 町制施行 所沢村が所沢町になる
1883 明治16年 416~20日 明治天皇飯能行幸 所沢斎藤與惣次宅にて宿泊
1895 明治28年 川越鉄道開通 国分寺―川越 所沢停車場開設
1900 明治33年 山田猪三郎が山田式凧式気球1号機を試揚
1903 明治36年 陸軍特別大演習に国産の凧式繋留気球で気球隊を編成、初参加、信号勤務に使用
1904 明治37年

日露戦争勃発 (明治3895日終了)
210日 陸軍は2基の山田式気球からなる臨時気球隊を組織。旅順港攻囲戦に参加

1905 明治38年 6月 中野電信教導大隊に気球班を設置。
所沢織物最盛期 所沢絣生産高120万反
1907 明治40年 陸軍は従来の気球班を廃止し、気球隊を設置 初代隊長河野少佐
1909 明治42年

臨時軍用気球研究会730日 勅令により陸軍大臣の監督下に陸・海・民の委員を集めて組織した臨時軍用気球研究会を設立 
初代会長 長岡外史陸軍中将

1910 明治43年

臨時軍用気球研究会委員が飛行操縦技術習得及び

飛行機購入の目的で日野熊蔵大尉をドイツへ、徳川好敏大尉をフランスへ派遣。

臨時軍用気球研究会の委員だった田中舘愛橘が欧州の飛行場事情を視察検討の結果、

気球隊長徳永熊雄工兵少佐の推薦により所沢町~松井村が選出される。

陸軍は所沢飛行場用地として768,873uを買収 

1130日 アンリ・ファルマン式、グラーデ式飛行機、横浜に船着し品川に陸揚げ、

馬車で気球隊(中野町)へ陸送

1214日 代々木練兵場で飛行準備中の日野熊蔵大尉はグラーデ単葉機で滑走試験中、高さ1m距離30mのジャンプ、ついで高さ10mで距離約60mを飛行 日本に於ける飛行機の初飛行)非公式飛行
1216日 代々木練兵場で日野熊蔵大尉はグラーデ単葉機で高度5m、距離50m

ついで高度3m、距離300m2回の飛行に成功 いずれも非公式飛行

1219日 公式初飛行

臨時軍用気球研究会の本飛行日、徳川好敏大尉がアンリ・ファルマンの複葉機により、高さ約70m、距離約3,200m,

日野熊蔵大尉がグラーデ単葉機により、高度約20m

距離約1,200mを飛行し、公式飛行と認められる。

1224日 所沢飛行場に輸入飛行機えお収納する第1飛行機庫・滑走路(400m)が完成

1911 明治44年

3月 ブレリオ式、ライト式飛行機、新潟に船着 

アンリ・ファルマン式、グラーデ式飛行機、ブレリオ式、ライト式飛行機は

気球隊構内発。中野=国分寺=所沢間鉄道輸送、

所沢駅〜坂稲荷~鳥居橋〜飛行試験場間を牛車で陸輸送し到着。

330日 軽油庫・気象観測所完成 気象観測開始

41日 所沢陸軍飛行試験場開設 日本最初の飛行場完成  総面積23万坪

※所沢飛行場における最初の飛行※ 

1回飛行演習(41日〜15日)

45日 徳川好敏大尉がアンリ・ファルマン複葉機で午前537分離陸、

高度10m、距離800m、滞空時間120秒を記録

46日 最初の同乗飛行  

徳川好敏工兵大尉はブレリオ単葉機に岩本周平気球技師を乗せて飛行。距離5Km 、滞空450

49日 最大飛行記録   

日野熊蔵歩兵大尉、ライト複葉機で飛行場を28周、高度230m、距離26km、滞空53

413日 飛行記録更新   

徳川好敏工兵大尉、ブレリオ単葉機で高度250m。距離80km、滞空1時間930

429日 2回飛行演習 最初の墜落事故 

梅北兼彦海軍大尉はグラーデ単葉機で第1格納庫付近を滑走中

発動機高回転により急上昇、高度15mより墜落し頭部を負傷

1912 明治45年

3月 ガス鑵庫・自動車庫・修理工場・第2飛行機庫完成

民間・奈良原式4号鳳号飛行機、白戸栄之助飛行士の操縦で初飛行

327日 イ号飛行船、野外飛行中操舵不能となり所沢駅付近の畑に不時着

427日 飛行演習見学の貴族院、衆議院議員に初めて同乗飛行実施

59日 空中偵察将校操縦将校養成要領を発令。気球隊にて要員教育

民間 5月下旬 都築鉄三郎飛行士。都築2号飛行機により飛行試験場の半周飛行に成功

奈良原三次飛行士は飛行試験場西北隅に所在した奈良原飛行機庫を閉鎖し、

千葉県稲毛海岸を飛行場として使用開始

6月 会式2号飛行機完成   バルセバル飛行船、所沢に到着 

航空無線の発祥  バルセバル飛行船装備のテレフンケン式無線電信機で通信実験。

海軍航空の紀元

海軍省は臨時軍用気球研究会より分離した航空技術研究委員会を追浜に設置

719日〜29

飛行試験場に於いて、気球自由飛行および繋留気球による偵察の野外演習を実施

730日 明治天皇崩御


所沢飛行場のあゆみ 大正時代へ

 

飛行機新道の開設 将校住宅と下宿屋 浦町(有楽町)界隈の賑わい
天皇行幸と所沢の町 戦時中の所沢の町 町中の飛行機事故
所沢飛行場駅 所沢飛行場前駅 所沢の空襲
山口高射砲陣地 所沢の空襲警報回数記録


所沢飛行場物語 日本の航空発祥地 所沢 日本初の航空機事故犠牲者
民間飛行発祥の地 所澤 飛行船「イ号飛行船」 バルセヴァル飛行船
陸軍特別大演習 気球隊 雄飛号飛行船
陸軍航空学校・所沢陸軍飛行学校 陸軍航空技術学校 陸軍少年飛行兵 陸軍士官学校分校
陸軍航空整備学校 所沢陸軍航空整備学校
臨時軍用気球研究会 所沢飛行場の飛行機達 所沢飛行場での初飛行の日
航空大隊の編成と変遷 飛行場の拡張 遠距離屋外飛行
初の実戦参加 青島攻略 所沢飛行場の歴史年表 東京第一衛戍(えいじゅ)病院所沢分院と
憲兵分遺所
フォール大佐と
フランス航空教育団
所沢航空参考館:南倉庫 所沢飛行場開設時の飛行訓練の様子を
載せた新聞記事

終戦前後の所沢飛行場 シベリアへ出兵 飛行機による東京初訪問
所沢飛行場関連の散策マップ  所沢飛行場の変遷図 所沢飛行場と文芸 
三ヶ島葭子 与謝野晶子 田山花袋 
斎藤茂吉
中西吾堂
所沢航空参考館(南倉庫) 終戦時の所沢飛行場 
 所沢飛行場拡張区域図  飛行機命名法 YS11がやってきた
所沢飛行場の変遷図 所沢飛行場の歴史年表
航空発祥の地の由来と歴史    所沢飛行場の飛行機達
所沢陸軍飛行学校々歌♪歌が聴けます。 所沢飛行場開設時から大正期までの飛行機種
砂川堀と掩体壕  所沢飛行場関連の散策マップ

博史の昭和青春グラフィティー

故郷所沢の思い出、情報ら何でも書き込んで下さい。
写真もOKです。


【著作権をお持ちの方へ】
 このページは、個人の趣味で非営利で作成しております。
もし不都合がありましたら、大変お手数ですがメールにて
連絡をお願いします。
このホームペイジに使用している画像データー等の著作権は、全てそれぞれの原著者に帰属します。
商用目的での二次的利用などは制限されています。ご注意下さい。

File not found.