所沢飛行場物語
開設 2006.05.01

2000 1 1
1 00 00

 2011.3.17.




※飛行場の拡張



明治44年開設時 飛行機新道は未開通


大正3年頃
民間航空の奈良原格納庫
帝国飛行協会の格納庫 バルバス飛行船用気球庫が
設置されている。



大正時代の所沢飛行場上空
航空学校・気球庫

中央格納庫・気象観測所



大正8年〜10年頃
気象観測所が飛行場中央に移設
中央格納庫を新設


昭和19年〜終戦時

参考資料:所沢陸軍飛行場史 小沢啓司 著


明治42年(1909年)勅令により、陸軍に臨時軍用気球研究会設置され、翌年明治43(1910年)飛行場用地として
所沢の北部・下新井地域(旧松井村大字下新井字上カサノ上地)が選ばれ768.873uが買収されました。

気象観測所を備えた日本初の飛行場として陸軍所沢飛行場が(正式には臨時軍用気球研究会所沢試験場)開設されました。

大正6年12月に最初の飛行場では狭くなり、115.7ヘクタール(35万坪)を買収、主として北側、西側へ広がり、
敷地面積は約192ヘクタール(58万坪)に拡張しました。

気象観測所が中央に移され、仮気球庫や周囲の土塁は廃止しています。

(第二期)昭和6年(1931)満州事変が勃発、昭和8年11月25日「愛国耕作地*斜線地域」が設定され、
昭和8年所沢町、松井村、富岡村にまたがる関係地主70余名の耕作地約18万坪を買収し飛行場全敷地は
約245.3ヘクタール(742.197坪)にまで拡張されました。(第三期)

「愛国耕作地」とは「不時着陸の場合障害物となるような、住宅あるいは桑なでの樹木をお飛行場周辺から撤去し畑地として耕作させる」というものでした。当時の風潮のなかでは設定を拒否することは事実上不可能でした。

愛国耕作地設定以降、飛行場の東西がさらに買収され、昭和12年には飛行場全敷地は約245.3ヘクタール(742.197坪)にまで拡張されました。(第三期)

飛行場の拡張は戦争の拡大・激化する中で引き続き行われ、昭和13年度には航空整備学校用地として川越道西、雉子熊・松葉道・根岸道東西(現松葉町・美原町付近)の4万坪と松井村の3万坪が買収されています。
さらに翌年には飛行場の北東部への拡張が実施され、関係地主141人、95町余(38万坪)という大規模な買収が行われています。

この後も掩体壕構築用地として富岡村にも拡張され、昭和19年には幅60m、長さ1,500mの滑走路をもち、
新たな買収は総面積120ヘクタール(110万坪)に及びました。(第四期)

飛行場内には莫大な航空機や自動車の燃料、砲弾、爆弾が集積され、収容可能な兵員が3,150名という大飛行場になっていきました。こうした飛行場拡張用地の買収には関係地主の自発的な協力もありましたが、戦局が厳しくなり、地域社会も戦争一色になるにつれて、売り渡しを拒否することは非常に難しくなっていったということは想像できます。




米軍撮影 飛行場上空



所沢飛行場拡張推移図

ところざわ歴史物語より

 

その後、終戦を迎え米軍に接収され「在日米軍所沢兵站センター」として利用、昭和46年(1971)通信を残し、6割が米軍から返還(現在は7割)されています。

飛行機新道の開設 将校住宅と下宿屋 浦町(有楽町)界隈の賑わい
天皇行幸と所沢の町 戦時中の所沢の町 町中の飛行機事故
所沢飛行場物語 日本の航空発祥地 所沢 日本初の航空機事故犠牲者
民間飛行発祥の地 所澤 飛行船「イ号飛行船」 バルセヴァル飛行船
陸軍特別大演習 気球隊 雄飛号飛行船
陸軍航空学校・所沢陸軍飛行学校 陸軍航空技術学校 陸軍少年飛行兵 陸軍士官学校分校
陸軍航空整備学校 所沢陸軍航空整備学校
臨時軍用気球研究会 所沢飛行場の飛行機達 所沢飛行場での初飛行の日
航空大隊の編成と変遷 飛行場の拡張 遠距離屋外飛行
初の実戦参加 青島攻略 所沢飛行場の歴史年表 東京第一衛戍(えいじゅ)病院所沢分院と
憲兵分遺所
フォール大佐と
フランス航空教育団
所沢航空参考館:南倉庫 所沢飛行場開設時の飛行訓練の様子を
載せた新聞記事

終戦前後の所沢飛行場 シベリアへ出兵 飛行機による東京初訪問
所沢飛行場関連の散策マップ  所沢飛行場の変遷図 所沢飛行場と文芸 
三ヶ島葭子 与謝野晶子 田山花袋 
斎藤茂吉
中西吾堂
所沢航空参考館(南倉庫) 終戦時の所沢飛行場 
 所沢飛行場拡張区域図  飛行機命名法 YS11がやってきた
所沢飛行場の変遷図 所沢飛行場の歴史年表
航空発祥の地の由来と歴史    所沢飛行場の飛行機達
所沢陸軍飛行学校々歌♪歌が聴けます。 所沢飛行場開設時から大正期までの飛行機種
砂川堀と掩体壕  所沢飛行場関連の散策マップ

博史の昭和青春グラフィティー

故郷所沢の思い出、情報ら何でも書き込んで下さい。
写真もOKです。


【著作権をお持ちの方へ】
 このページは、個人の趣味で非営利で作成しております。
もし不都合がありましたら、大変お手数ですがメールにて
連絡をお願いします。
このホームペイジに使用している画像データー等の著作権は、全てそれぞれの原著者に帰属します。
商用目的での二次的利用などは制限されています。ご注意下さい。


File not found.