堀切中学同窓会


 



校章の由来

 浮世絵や江戸百景などに伝えられる「堀切しょうぶ」は、綾瀬川の清流のほとりに咲き乱れ、尾張大納言徳川斉荘候をして「日本一の花菖蒲」と驚嘆させたといいます。
 この花菖蒲は、茎や葉が強く、風雨にも倒れる心配がなく、また、花の色や形も多種多様で、それぞれ固有の芳香を持っています。
 本校の校章も、世の中の風雪にくじけずに生き抜いていくたくましさと、自分の長所を生かした個性のある人間の育成をめざして、「堀切の花菖蒲」に託して制定したものです。

             平成11年度「入学のしおり」より


戻る
戻る



 

File not found.