お留守バンシー



お留守バンシー

著者 小河正岳

出版社 メディアワークス/電撃文庫

   むかしむかしといってもそれほど昔でもない、科学が迷信 
  を駆逐しつつあった19世紀中頃。闇の眷族であるブラド卿 
  は昔の敵に狙われているということで、身を隠すために根城 
  であるオルレーヌ城を留守にすることに。バンシーのアリア 
  と頼りない仲間たちが留守番を任されます。        
   この作品は電撃大賞受賞作ということで買ってみました。 
  強い癖とか読みにくさは感じませんでした。さすが受賞作で 
  す。                          
  結構ほのぼのとした感じがメインで自分の好みの作風です。 
   ハラハラする場面というのは少ないと思います。そんな場 
  面もほのぼの感が笑いを誘ったりといった感じです。    
   読んでてのんびりできる感じが好きです。        


雑記帳目次へ戻る

トップへ戻る
File not found.