SeaCal 【天測計算】 車を運転して見知らぬ場所に向かうとき,道路地図なんかをめくっていると,「― 何してるの?カーナビで見ればいいじゃん」と言われる時代。 船でもそうでしょうか。GPSをオンにしておけば…。でも,もし壊れたら…。六分儀で天体を測定し,こんな計算で船位を出すしかな いのですね。何が何だか分か分からない!恐ろしいですね。

赤枠 に必要な数値を入力したら,計算 ボタンを押します。        【天測計算 問題の入力例】

だだし,これらの計算には海上保安庁発行の天測計算表天測(略)歴が必要。面倒ですね,GPSをオンにしちゃいましょう。


クロノメータ誤差: s, 器差: ', 針路: ゜, 船速: knots
眼高: m , 気温: ゜, 水温: ゜, 気圧: hpa

観測した天体を選択 クロノメ−タ示時 測高度
H M S ' 
H M S '

【推測船位】
緯度: ' =
経度: ' =
Ship's T(日) H M S
L. in T.    (−

Appro. U(日) H M S


●天体(1):
C.T.(日)   H M S
C.E. (+

U.T.( 日) H M S d= '
E*(U=0H) =
PP for U (+

hG H M S 惑星地平視差
hG HP= '
L0 ゚ (+

h
 
●天体(2):
C.T.(日)   H M S
C.E. (+

U.T.(日) H M S  d= '
E*(U=0H) =
PP for U (+

hG H M S 惑星地平視差
hG HP= '
L0 ゚ (+

h
●天体(1):
AC =sin-1[sin() ・sin()
 +cos() ・cos() ・cos()]
= ゚ = '
Z' =sin-1[ cos() ・sin() /cos()]
=
{AEW=sin-1[sin() /sin()] =゚}
Z1= =
 
●天体(2):
AC =sin-1[sin() ・sin()
 +cos() ・cos() ・cos()]
= ゚ = '
Z' =sin-1[ cos() ・sin() /cos()]
=
{AEW=sin-1[sin() /sin()] =゚}
Z2= =
 
AS '
I.E. ' (+

AO '
COR1 '
CORt(AO<30゚) '
CORp(AO<30゚) '
COR2 '
COR3 ' (+

AT '
AC ' (−

I1 '
 
 
AS '
I.E. ' (+

AO '
COR1 '
CORt(AO<30゚) '
CORp(AO<30゚) '
COR2 '
COR3 ' (+

AT '
AC ' (−

I2 '



航走時間= H M S - H M S
= H - H = H
航走距離= H × knots = '
針路:
I1: ' Z1: ゚,   I2: ' Z2:
dep= {cos(Z1)・I2-cos(Z2)・[I1+d・cos(θ-Z1)]} /[cos(Z1)・sin(Z2)-cos(Z2)・sin(Z1)]
= ' = '
|cosZ1| > |cosZ2| の場合
d.lat= [I1+d・cos(θ-Z1)-sin(Z1)・dep]/cos(Z1)= ' = '
|cosZ2| > |cosZ1| の場合
d.lat= [I2-sin(Z2)・dep]/cos(Z2)= ' = '
d.long= dep/cos(l0)= ' /cos() = ' = '

           天測計算結果

l= l0+d.lat = ' + ' = '
L= L0+d.long = ' + ' = '
(l,L:天測位置の緯度,経度  l0,L0:推測船位の緯度,経度)

           天測船位: ' '

File not found.