日本発 世界一周のヨットマンとその航跡

緯度経度で位置が記録されている航海記。
その本のデータをプログラムの航跡で再現してみました。





                        
堀江謙一 氏「世界一周ひとりぼっち

1974年に270日余りで単独・無寄港の世界一周に
成功。
GPSが普及していなかった当時。困難な状況の中,
天測だけで位置を割り出し,続けられた航海が記録
されています。



白石鉱次郎 氏「七つの海を越えて

1993年に当時,史上最少年で単独・無寄港の世界
一周に成功。
三度目の挑戦。「今度,失敗したら生きて戻るつもり
はなかった」。若さとその情熱に溢れる航跡をGPSが
正確に記録しています。



白石康次郎 氏「アラウンド アローン

師匠はもういない。その意志を受け継いだ艇名「Spirit of yuko」。
くしくも世界一過酷なヨットレースは「アラウンドアローン」と改称。
危険ととなりあわせの「孤独な航海」をいかに乗り切るか。

冒険家 植村さんの悲報に触れて,
「私の心にポッカリ穴があきました。私はこの塞がることのない穴から
洋々と拡がる海を見つめ,凝縮する世界ではなしに,自由に拡がる
世界を絵に描けたらなあ,と夢見ている現在です」(多田雄幸)


「ユーコー」は再び挑んだ,クラスUで完走。第4位。偉業である。
多田雄幸 氏「オケラ五世優勝す

白石康次郎 氏が師匠と仰いだ。1982年,史上初の
世界一周単独ヨットレース(BOC)に出場。
数々の苦難に遭遇するが,自力で修理しながら
「エンターティナー・ユーコー」は世界を駆け抜け,見
事クラスU総合優勝を果たした。

ニューポート港にフィニッシュした時の開口一番。

「いやぁ,何だか知らねェけど,知らねェうちに地球ひとまわり,
まあ無事にやってきました,お陰さまで。本当にもう,どうも,
皆さんのお陰です。有難うございました。おさわがせしてすみ
ません。ヒャア,ハズカシハズカシ。困ったなァ全く,もう―」

※ 上掲の直筆サイン,挨拶状は私所有の本にあるもので,
 元来,本の内容に含まれているものではありません。
File not found.